セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  フィリピン入国時の注意(日本国大使館より)

フィリピン入国時の注意(日本国大使館より)

2012.06.26

今夏にはセブ全体で昨年よりも更に多くの日本人学生の渡航が予想されております。

 

渡航が増える時期を目前に控え、
大使館より「フィリピン入国時の注意」についてのお知らせが入っておりますので、
ご連絡をさせて頂きます。

 

ご存知の通り、フィリピン入国時、21日のビザを得る為には、

1) パスポートの残余期間が6ヶ月+滞在期間以上
2) 往復航空券(もしくは他国へ出るチケット)

を所持している事、というのが要件となっております。

 

この事項に関連して、特に、往復航空券(もしくは他国へ出るチケット)について、
これを入国審査時に提示出来ない場合には、強制退去となる、との通達があったとの事です。

 

こちらはすでに先月末より施行されているとの事で、
これから渡航されるお客様は、必ず往復のチケット(もしくは他国へ出るチケット)を購入し、
E-ticketなどを発行してご持参いただけるよう、よろしくお願いします。

 

又オープンチケットでも、帰りの日にちが未設定の場合にも、
同じ措置がなされるとの事ですので、お気をつけ下さいませ。

 

以下大使館からのお知らせの抜粋です。

原文はこちらから→ http://www.ph.emb-japan.go.jp/pressandspeech/osirase/2012/062612.htm

 

ー以下ー

一時的訪問者のフィリピン入国時の注意

 

1 フィリピンを一時的に訪問(観光目的や商談等商用目的等)する日本人は,21日以内(日数は到着日から起算)の滞在であれば,事前の査証(ビザ)取得は必要なく,フィリピン入国時に21日間有効の滞在許可が付与されています。ただし,入国審査において,パスポートの有効期間が6か月以上残っていること及び復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を提示する必要があることはご承知のとおりです。

 

2 こうした中,フィリピン外務省は,日本を含むフィリピン駐在の外国在外公館や国際機関に対して,事前の査証取得の必要がなく,かつ,21日以内の一時的な訪問者が,復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を提示できない場合には,退去命令(Order of Exclusion)が発出され,退去させられる(shall be excluded)ことになると通報してきました。

 

なお,当館よりフィリピン入国管理局に本措置につき確認したところ,(1)本措置が5月25日以降実施に移されており,フィリピンに乗り入れている航空会社に対しても既に通報していること,(2)復路のオープンチケットは認められず,退去させられることになること,(3)本措置で退去命令を受けた場合でもフィリピン入国管理局のブラックリスト(入国制限対象者リスト)に登載されることはないとの回答がありました。

 

3 つきましては,皆様のご親族,友人,知人等で観光や商用目的の出張等で短期間(21日)フィリピンを訪問される方がおられる場合には,無用のトラブルを避ける上から,復路の航空券(又はフィリピンから他国に渡航するための航空券)を忘れずに手配し,提示のために手元に用意しておく必要があることをお知らせいただくようお願いいたします。