セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  イロイロ・NEO

イロイロ・NEO

2013.10.16

Q 貴校の一番のセールスポイントは

・1994年に設立された学校であり、フィリピンで最も歴史のある学校の一つです。
経験豊かな講師陣から、実績に裏打ちされた授業を受ける事ができます。
・先生、スタッフが皆フレンドリーであり、アットホームな雰囲気です。
リピーターや期間延長者が多く、NEOでの学習及び生活に満足している生徒の多い結果だと言えます。

Q 生徒の年齢層や出身国など、どのような生徒さんが多く学んでいますか

韓国人大学生が半数以上です。他に中国、台湾、モンゴル、日本からの生徒が在学しています。20代がメインですが、小学生(親子留学)~50代と幅広い年齢層の生徒が一緒に学んでいます。韓国人大学生の中には留学後オーストラリア等へのワーキングホリデーを予定している学生も多く、モチベーション高く勉強に取り組んでいます。

Q 授業をはじめ、学校の施設、環境、寮、食事などについて、特徴的なことをお教えください

授業について

レベルテスト(初日及び毎月1回)、レベル毎に各教科テキストがあります。
マンツーマン授業では個人の目的に応じて柔軟な対応が可能です。個性豊かな講師陣が揃っており、必ず自分に合う先生が見つかるでしょう。

学校設備について

幾分古い建物ですので、ホテルのような設備をお望みの方には向いていないでしょう。しかし、共用部分は毎日、各自の室内も週に1~2回の掃除で清潔に保たれています。イロイロののどかな雰囲気に合った素朴で寛げる空間です。
自習室はありますが、共用パソコンはありません。必要に応じてお持ちくださいね。

環境について

イロイロには娯楽施設がほとんどありません。その分しっかり勉強に専念できるでしょう。しかし、ほとんどないとは言っても少しはあります。ダッピングというボーリングに似た遊びは皆大好きです。その他映画館、ゲームセンター、カラオケ、小さいながらもクラブやパブもあります。1店舗のみですが、スターバックスもありますよ。いずれも学校からはタクシーで80ペソ程度です。その他、日帰り可能なエリアにビーチや雰囲気の良いリゾートホテル、ダイビングスポットもあります。
学校付近には徒歩圏内に大型スーパーマーケット、大学、銀行、飲食店、マッサージショップ、美容室等があり、生活する上で特に不便な思いをした事はありません。

寮について

寮・学校が一体となっています。
冷蔵庫は数に限りがありますが、希望者に有料(4週間500ペソ)で貸出しがあります。
コンセントは日本と同じ型ですが、220Vですのでご注意くださいね。
アルコール:敷地内持込み・飲酒禁止です。学校横にサリサリという小さなお店があり、そこで飲酒可能です。ビール1ボトル30ペソ程度です。
喫煙:所定場所(室外)でのみ24時間喫煙可能となっています。

食事について

韓国料理、フィリピン料理を基本に時折パスタや炒飯も提供されます。週末の洋食スタイル(パン、卵、ハム、生野菜 等)朝食と、サムギョプサルが特に生徒に好評です。

その他

徒歩3分のCPU(大学)では、無料で週3回ズンバ教室が開催されています。日本で言うエアロビクスのようなエクササイズです。CPU敷地内は自由に利用可能で、ジョギングや散歩に訪れる生徒も多数です。有料ですが、プールの使用も可能です。
また、毎週土曜日早朝にはNEO以外の団体さんとのサッカーを楽しんでいます。

Q フィリピン留学を考えている人へのメッセージ

フィリピンには本当に数多くの語学学校があり、どの学校を選べば良いか迷われている方も多いかもしれません。正直私も大変迷いに迷いました。どの学校も一様に魅力的に見えたからです。皆さんの目的・目標に沿った学校を見つけられるよう、出来るだけ正直にこちらに書かせて頂きましたので、学校選びの一助になれば幸いです。FacebookにはNEOのページもありますので、時間があれば是非御覧くださいね。

Q ご担当者の自己紹介

NEOに興味をお持ち頂きありがとうございます。初めまして、学生マネージャーの横手暁江(AKI)です。愛媛県出身です。日本では看護師、CRA等10年以上の社会人経験があります。お酒と人・家族をこよなく愛し、海外旅行が大好きです。
訪問した国・地域は約20ヶ国に上ります。皆さんにも経験があるかもしれませんが、もっと英語で外国人と話したい、とか、英語ができれば本当に言いたい事が言えるのに、といった思いから、以前より海外留学について興味を持っていました。実際に行動に移せたのは、東日本大震災の経験から(当時関東に住んでいました)です。人生一度きり、やりたい事を後回しにするのはもう止めよう!と会社勤めを辞め、最初の年は高知県に移住、よさこい踊りに参加しました。そして2013年7月よりフィリピン留学。私にとって大きな決断の一つでした。
NEOでの3か月の学生期間を経て、学生マネージャーとなりました。もっとNEOで英語の勉強を続けたかった事と、イロイロでの生活に満足しているからです。ここNEOで一緒に英語を勉強しませんか?皆さんの決断、大きな一歩、夢、目標を講師陣・スタッフ一同サポートします。そして週末には一緒にダッピングをしましょう。皆さんに会える日を楽しみにしています!