セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  ワーキングホリデーへ渡航されるお客様へ現地サポートを無料提供!

ワーキングホリデーへ渡航されるお客様へ現地サポートを無料提供!

2013.03.01

フィリピンでの英語研修予定期間が12週間(3ヶ月間未満)の方へも無料サポートあり!!
オリジナル商品 「ゼロホリ!!」で安心・納得!!

安心でムダのない海外生活。
これからは0円でワーホリサポート! 〜ゼロホリ〜

ワーホリ準備を始める皆さんは、こんな不安があるそうです。
日本の留学エージェントに頼むと>>サポート費が高い!!
海外(現地)の留学エージェントに頼むと>>信用して良いか迷う!!
自力でやってみようとすると>>何から始めたら良いかわからない!!

ゼロホリは・・・
他留学エージェントよりも!! 現地エージェントよりも!! 自力でワーホリするよりも!!
→ → → 安くすむ ← ← ←


「ゼロホリ」はここが凄い!
◇ 空港出迎えはもちろん!現地滞在中の生活サポートも0円!
◇ 到着後は学校探しサポート!見学・相談・手続き、全部0円!


利用者の声
【ERIKAさん】こっちにきている友達に聞くと、エージェントにすごくお金をはらっていて、みんなにいいとこ選んだね!!っていわれていました!!
【中村さん】ゴールドコーストで出会った友達とサポートにかかった費用を比べてみました。~中略~ ホントに10万円以上も違うので驚きました!
【H.M.さん】サポートってなくても問題ないと思います。でも、あると何事にも時間効率が良いです。現地の方は根掘り葉掘りでなく、私がやるべきことをアドバイス&誘導してくれるので自分の成長を感じています。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ワーホリ基礎知識

2010 年 12 月 6 日(月)念願のワーホリ生活を始めました!!!!
ゴールドコースト・ワーホリ渡航者 マスミさん
ブリスベン・ワーホリ渡航者 アリサさん
~あなたもゼロホリで安心のワーホリ生活を♪~


留学とワーキングホリデーの違い
留学とワーキングホリデーの違いは、その渡航方法(入国手段)が異なります。滞在査証(ビザ)は各国様々ありますが、留学生が対象の学生ビザとは違い、国際交流や外国の文化体験などを主とした滞在方法がワーキングホリデーです。ワーキングホリデー渡航者にとって「自由な海外生活」が多くの方のメリット・特徴と言えるでしょう。

大きな違いは4つ

学生ビザ ワーキングホリデービザ
年齢制限 特にない 18 歳~30 歳(国により 25 歳まで)
滞在期間 学校在籍期間内 最長 1 年間(国により最長 2 年間)
就学制限 フルタイムまたは規定時間以上 授業時間は不問(国により就学期間の制限有)
就労制限 就労不可(国によりパートタイムなら可) 就労可(国により就労期間の制限有)


最長 1 年間(または最長 2 年間)の長い期間、海外の学校で学んだり、現地のお店で働いたり、周遊旅行を楽しんだり、個々が思い思いの自由な海外生活を体験できます。

学校で語学などを学ぶ アルバイト・ボランティアをする 旅行や自由に過ごす


ワーキングホリデー生活はこんな感じ
ワーキングホリデーでの生活はどんな感じなのか、イメージをつけておきましょう。渡航する人によって生活の仕方は様々ですが、多くの方は以下のようなパターンで生活を始めます。

現地到着後、ホームステイ開始

語学学校を決めて入学 (主に毎週月曜日入学可)

学校初日は語学力チェック、オリエンテーション

1週間-6ヶ月 語学学校にて学習し語学力をつける (期間は国によって制限が異なる)

アルバイト開始

周遊旅行

都市移動

その他過ごし方は自由自在!

緊張の学校生活♪

学校スタッフはフレンドリー♪

シェアハウスはこんな感じ♪

掲示板で仕事探し

日本のものは手に入ります♪

色んな国の友達ができる♪

現地スタッフもお待ちしています♪

たまにはこんな贅沢も♪

ワーキングホリデーの人気国。オーストラリア・ニュージーランド・カナダでは、語学学校はもちろん、 シェアフラットやアルバイト先も充実しています。日本の生活とは、その方法が国ごとに異なるのは 当然ですが、生活をするという意味であれば不自由することは一切ありません。 交通機関が時間通りではない、日本よりもタバコが高い、日本よりもネット普及率が低いなど、日本と比較して劣る点ばかり目につく方もいますが、一方日本よりも優っている点も多く体感できます。
あれこれ細かいことを調べ始めればキリがありません。海外生活という点では十分すぎるほど何も かも揃っていますから安心してワーホリ準備を進めましょう。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ワーキングホリデーの準備

まずは漠然とでも良いのでプランを決めていくことから始めましょう。(現在の年齢や定員によるビ ザの申請締め切りが迫っている場合は、先にビザ申請をされることをオススメします。) ワーキングホリデー実現までは、大きく3つの時期に分けられます。

情報収集期 手配進行期 出発準備期
出発6ヶ月~4ヶ月前
・ウェブサイトや雑誌などで情報収集
・メール/電話/説明会/相談会の利用
・渡航プラン検討/予算検討
・渡航プラン決定
出発4ヶ月~1ヶ月前
・ゼロホリ手配依頼
・滞在費/海外保険等のお支払い
・ビザ申請/取得
・航空券の手配
・滞在先情報や空港出迎え案内の受取(出発 1 週間前が 目安)
・海外保険/航空券書類受取
・生活必需品の購入や荷造り
・親御さんと連絡方法の確認

要CHECK!ワーキングホリデーよくある質問

語学力がなくてもワーキングホリデーできますか?
可能です。
ビザを申請する際、語学力が審査の基準になることはありません。しかし、海外生活をされるのはご自分ですので、最低でも生活するのに困らない程度の語学は身につけておいた方がいいでしょう。 また現地到着後、早い段階から語学学校へ行かれることをオススメします。
そもそも現地サポートは必要ですか?
目標達成の為にオススメします。
ワーホリは自由度が高い分、目標を見失ってしまう傾向が多いようです。ゼロホリ現地サポートでは、日本人スタッフがあなたのワーホリでの目標に達成する為、しっかりアドバイスしてくれます。その為、定期的に現地スタッフへ相談や成果な どをお話しすることをオススメします。しかし、サポートとは手取り足取り皆さんの生活をお手伝いするのではなく、トラブルにあわない為に、より良い海外生活を体験して頂く為に背中を教えてあげるのが使命ですから甘えは禁物です。その他、初めての海外・留学で不安、日本の親御さんに心配をかけたくないなど、スムーズな海外生活を行うお手伝いをしますので、安心というメリットがあります。


資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ゼロホリ ~サポート内容~

0 円でもサポート内容は充実してるから「安心」です!!
サポートは内容が充実しているから送り出す親御さんからも安心の声を頂いています! ゼロホリは、「空港出迎え費」「学校見学・手続き」も 0 円!!


<オーストラリア・カナダ・ニュージーランド>
イギリスはサポート内容が異なります。(別紙)
●日本人スタッフによる語学学校見学・無料手続きサポート
●空港出迎え、ホームステイ先までの送迎
●24 時間緊急連絡サポート *1
●日本語での生活オリエンテーション実施
●ホームステイ手配及びホームステイ生活の相談
●学校相談、延長・転校サポート
●国内旅行の相談、航空券やツアーの紹介・手配
●生活相談
●銀行口座開設アドバイス
●納税者番号・在留届など各種書類提出アドバイス
●履歴書書き方・仕事探しのアドバイス
●シェアハウスなど滞在先探しのアドバイス
●携帯電話購入アドバイス
●オフィス内インターネット利用 *2
●コピー・FAX 利用 *2
●荷物の一時預かり(シドニーは有料) *2
●私書箱サービス(シドニーは有料) *2
*1 ニュージーランド・シドニーでは 24 時間緊急連絡サービスは付いてません。
*2 ケアンズ・トロントではこれらのサービスは付いてません。(郊外にオフィスがある為、スタッフと市内待ち合わせの相談が基本です。)

某留学 A 社・・・ 268,000 円(税込)
某留学 B 社・・・ 89,000 円(税込)
現地サポート内容は、ほぼ同じ!
ムダな費用をかけず、より多くの人にワーホリを成功してもらいたい!
・本当は5万円も15万円もする利益を最小限にカット!
・広告費はほぼ皆無!口コミで広がっています。

学校現地見学&手配0円!!
語学学校を現地で決めるのが今のスタイル!
日本で決めるのはもう古い!自分の目で確かめるから安心!
「ゼロホリ」なら現地スタッフが見学予約や相談にのってくれちゃう!

現地で学校を決める5つのメリット!
1・学校の雰囲気や環境などを自分の目で見て判断できる。
2・体験レッスンを利用することができる。(学校による)
3・現地で申し込むまでは万が一のキャンセルチャージなど一切不要。
4・手配料や手数料がかからない。現金または送金などで払えるから安心で最も安い手配方法。
5・現地在住歴の長い日本人スタッフが丁寧に学校の説明をしてくれる。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ゼロホリ ~渡航都市~

オーストラリア

【シドニー】
オーストラリア最大の都市。都会にいながら少し郊外へ出ると自然も体験できるのが魅力!他都市より多少 物価面は高いが、ショッピング、食事、仕事探しなど大きな都市ならではの楽しみがいっぱいの街。
【ゴールドコースト】
オーストラリアのリゾート地として世界的に有名な都市。年中暖かく気候が良く、海沿いの開放的な街の為、富裕層が多いと言われる。ホームステイ先は庭付きはもちろん、中にはプールやジム、プライベートビーチがある家庭に滞在することもあるので楽しみ!
【ブリスベン】
オーストラリアの第三都市。近年は、学生都市としても有名で気候も良い為、多くの留学生がブリスベンを選ぶことが多い。国際色が豊かな学校が多いので最初にしっかり英語を学ぶワーホリを求める人にはオススメ!
【ケアンズ】
日本から最も近いオーストラリアで、グレートバリアリーフ(サンゴ礁)と熱帯雨林で知られる有名な観光地。ワーホリの渡航先としては仕事が豊富と言われ人気の町。町の大きさは田舎と言われるようにこじんまりとした規模なので英語に不安を持つ人にはオススメの場所!
【パース】
スワンリバー沿いにひらけたパースは、1 年中温暖でとても過ごしやすく心にゆとりを持てる街。人と自然がうまく共存している街パースは他都市に比べて学費や生活費が安く、治安の良さも評判で安心して暮らすことができるのが特徴!

カナダ

【バンクーバー】
100 校以上もの学校があると言われており、留学として有名な都市バンクーバー。冬はめったに雪が降らず、夏は過ごしやすい気候。バンクーバーを拠点にビクトリアやウィスラーなどの観光地もあり多くの旅行者が年中いる為、ワーホリ渡航者が求める仕事は得やすい!
【トロント】
様々な民族が生活し、多民族文化を持ち合わせるトロントは、「人種のモザイク」と呼ばれる街。人口412 万人を擁するカナダ最大の都市で、またオンタリオ州の州都でもある。大都市ならではの楽しみ、様々な国からの留学生との出会いが魅力的な街!
【ビクトリア】
ガーデンシティーとしても有名なビクトリアはバンクーバーがあるブリティッシュコロンビア州の州都。開拓時代 にはイギリスの直轄領だった為、今もなお英国情緒たっぷりでアフタヌーンティーの習慣も残っており英国調 の街並みを望む方にオススメ!

ニュージーランド

【オークランド】
ニュージーランド最大の商業都市。中心地より車で30分も走れば海や山などの自然が身近にある一方、市内では近代的な建物や文化を体感できる環境が整っている。各国からの移民も多く、食文化も充実している為、とても生活しやすいエリア。
【クライストチャーチ】
オークランド、ウェリントンに次ぐ国内第3の都市。「ガーデン・シティ」の愛称で親しまれ、花や緑が多く、落ち着いた優雅な雰囲気で、さらに路面電車(トラム)に乗ってゆっくりワーホリ生活を楽しめる人気の街。

イギリス

【ロンドン】
世界を代表する先進国イギリス。留学先として常に人気を誇るロンドンは、ワーキングホリデー渡航者にとっても魅力的な街。ロンドンは歴史的な建造物が数多く存在する世界有数の国際都市で、また世界的な商業・金融の中心地。ヨーロッパ各国・各都市へのアクセスも良い為、イギリス国内に限らずヨーロッパの国々を訪れることができるのも魅力。

ゼロホリの対象都市以外に行きたい場合は、 語学学校や滞在先の代行手配を無料でサポートできます。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

料金のご案内

「最初のホームステイ」と「海外保険」をゼロホリでご用意しています。

料金項目 料金
ワーキングホリデー現地生活サポート費 0円
空港出迎え費&滞在先までの送迎費(到着時)
*一部都市除く
0円
海外送金手数料(銀行でかかる送金手数料)*9 8,400 円(税込)
緊急手配料(出発希望日より遡って 28 日目以降の申込) 10,500 円(税込)
対象都市 4 週間ホームステイ費 (手配料込み) *8 空港出迎え&送迎費 (到着時)
シドニー 117,200 円
(28 泊・平日 2 食/土日 3 食)
15,750円
ゴールドコースト 108,900 円
(28 泊・毎日 2 食)
0円*1
(通常 15,750 円)
ブリスベン 98,600 円
(28 泊・毎日 2 食)
0円*2
(通常 15,750 円)
ケアンズ 95,800 円
(27 泊・平日 2 食/土日 3 食)
0円 *3
パース 104,200 円
(28 泊・平日 2 食/土日 3 食)
0 円 *4
(通常 15,750 円)
バンクーバー 103,000 円
(28 泊・毎日 3 食)
0円*5
(通常 15,750 円)
トロント 94,500 円
(28 泊・毎日 3 食)
0円*6
(通常 15,750 円)
ビクトリア 90,000 円
(28 泊・毎日 3 食)
0円*7
(通常 15,750 円)
オークランド
クライストチャーチ
95,300 円
(27 泊・平日 2 食/土日 3 食)
ロンドン 126,900 円
(28 泊・毎日 2 食)

※上記は「税込」表記です。


*1 毎月第1・第3月曜の到着(現地祝日の場合は木曜)。ジェットスター航空のゴールドコースト直行便を利用。 諸条件以外のご到着希 望は上記( )内の通常料金がかかります。
*2 毎週土曜また日曜の到着。ゴールドコースト空港利用及び 諸条件以外のご到着希望は上記( )内の通常料金がかかります。
*3 毎週月曜または火曜の到着。指定曜日以外のご到着希望はお受けできません。
*4 午前 6 時~午後 16 時までに到着。 諸条件以外のご到着希望は上記( )内の通常料金がかかります。
*5 エアカナダまたは日本航空のバンクーバー直行便を利用。 指定航空会社以外のご到着希望は上記( )内の通常料金がかかりま す。
*6 毎週土曜または日曜の 20 時までに到着。 諸条件以外のご到着希望は上記( )内の通常料金がかかります。
*7 毎週土曜または日曜の 16 時までに到着。 諸条件以外のご到着希望は上記( )内の通常料金がかかります。
*8 上記ホームステイ費用は、お申込時期により異なる場合があります。
*9 海外送金手数料とは、ホームステイ費用を当社が海外へ送金(日本円から外貨送金)する際、銀行でかかる送金手数料です。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

いくらあればワーホリできるの??

ワーホリの目的は人それぞれ。その為、準備する費用も人によって異なるもの。渡航者の多くは100~150万円の渡航費用を想定していますが、実際は現地での生活の仕方によって変動することがあります。
<主に多くの方が必要とする予算>
●語学学校費用 1 ヶ月約 10~12 万円 ●生活費(滞在・食事含む) 1 ヶ月約 10~12 万円
●航空券 片道約 5~10 万円 ●海外保険1年間約 14~21 万円 学校のコース修了後にアルバイトを始めるのが一般的なので、3ヶ月間学校に行く場合はその間は無収入。その点をふまえ学校通学中の必要費用+30 万くらいが目安。3ヶ月学校予定の人は、最低予算 109 万円。
※上記は目安の為、渡航先の物価や過ごし方次第で異なります。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

サポートが 0 円なのはどうして??他社との違いは??

Q「現地サポートの有料と無料に違いはありますか?」
A「違いはありません。サポート内容の詳細ページと他社資料を比較してみると一目瞭然です。」
Q「現地のサポートは有料が普通だと思っていましたが…?」
A「有料だと思っていらっしゃるのは多くの日本のエージェントがそのような広報を行なっているからかもしれませんね。基本、現地でのサポートは無料のところが多く、ただ日本から海外の会社に何かを頼むのは特に 信用して良いかどうかの心配があるようです。私たちは日本の留学会社であり出発前は留学・ワーホリ経験有の留学アドバイザーが相談にのっていますし、現地に行けば現地在住歴の長い日本人スタッフがお世話しますので、渡航前から渡航中まで日本語でしっかりケアができるのが当社を使う最大のメリットと言えます。また、運営コストを最小限に抑えることで会社運用が成り立っています。」
Q「無料サポートということは現地の会社はボランティアですか?」
A「いいえ、ボランティアということではありません。ワーキングホリデーでは多くの方が渡航初期に語学学校へ通います。そのお手伝いをすることで手配先の学校から紹介手数料を受け取ることができる為運用ができるわけです。語学学校は基本どこでも手配が可能ですので、しっかり自分の目で確かめた上で決められるこ とを当社はオススメしています。また出発何ヶ月も前から多額の学費を支払う必要もありませんから安心です。」

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ゼロホリ ~海外保険~

世界130カ国で活躍するAIU保険の正規代理店
ワーホリ渡航者の学校利用についても、海外保険は現地教育機関より義務付けられ、最近では入学時に保険加入の確認として保険証書を提示するケースが増えています。当社としても、ワーホリ期間中の“もしも”に 備え海外保険に加入頂いています。 また、以下の利点から、ゼロホリ利用者は当社手配にて保険に加入されています。
● 現地日本人スタッフによるスムーズな対応
● 現地と日本の連携


保険は充実さで決めないと後悔する!
海外保険は、保険料で決める人がいますが本当にそれでいいのでしょうか?基本的に保険料は安ければ安い分の補償しかなく、高ければ高いだけの充実さがあります。 海外旅行であれば、渡航期間がある程度限られており多くはホテルなどの安心できる滞在先にいる為、保険についてはそれほど重要視しなくても良いかもしれません。しかし、ワーホリでの渡航は違います。海外生活をしにいくという点や長い期間の渡航になる為、やはり現地で何があるかわからないものです。
不安を煽るわけではありませんが、ワーホリ生活では友達とシェアをしたり、レンタカーを借りて運転したり、バックパックを背負って一人旅をするかもしれませんから、海外保険は安易に保険料で決めるのではなく、補償内容をふまえてしっかり検討されることが良いことに気づいて頂けるでしょう。


多くの方がインフィニティプランを選択
AIU 保険のプランには、スタンダードプラン(例:5B1/5B3)とインフィニティプラン(例:8A1/8A3)があります。プラン内容の違いは、治療・救援費用が“無制限”または制限付かという点です。
海外での医療費は日本より高く、救急車を呼ぶだけでもお金がかかります。例えば、盲腸手術を例に挙げると日本な 10 万円程度の自己負担で済みますが、カナダで手術を受けると実に 15 倍の 150 万円はかかります。このように世界によって医療事情が異なるというのは、これから渡航する方は意外と知らなかったり、気にしていないものです。しかし、これから海外に住むという現実があるわけですから当然海外の医療事情を知っておくべきではないでしょうか。 医療費が日本よりも高いわけですから、治療・救援費用が無制限のインフィニティプランを利用することは非常に賢明な手段と言えるでしょう。
海外生活をして何も起きなければそれに越したことはありません。しかし何かあってからでは遅いですし、トラブルや事故により家族を巻き込むほどの借金をしてしまう事例もあります。このような点をふまえ多くの方は インフィニティを利用されていらっしゃいます。


近年、更新忘れ増加中。予定短くても 1 年で加入を!帰国後1ヶ月単位で返金可!!

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ゼロホリ ~ホームステイ~

最初の1ヶ月は、落ち着いて生活できるホームステイが良い。
ホームステイ先のファミリーは、その国その街に長く住んでいる住民。ワーホリで海外生活を始めるにあたって、様々な問題や不安を解消する為に手助けやアドバイスをしてくれる貴重な存在になるという意見が多い。また、ホームステイは多少郊外にはなるが、一緒にファミリーと滞在することでその国の文化や生活様式を肌で感じることできる為、その後の海外生活に役立つ体験になるでしょう。 ホームステイ滞在中は、朝晩の食事もホストマザーが用意してくれるから、生活環境に慣れるまでの初めの 1 ヶ月間は利用するようにしよう。それに1ヶ月あれば次のシェア先を探す時間としても充分。


ホームステイから始める3つのメリット
1. 日本以外の文化や生活習慣を実生活から体験し、国際感覚として視野を広げる事ができる。
2. ホストファミリーとの生活でその国の言語を使い、生活に必要な語学力を養う。
3. 初めの 1 ヶ月間、安心の滞在先が確保できることでスムーズな海外生活を送れる。


<皆さんからよく頂く質問>
Q「学生寮とかは扱っていませんか?」
A「残念ながら扱っていません。私たちのポリシーとしてホームステイをすることで安心をご提供し、さらに海 外の文化や生活習慣を実体験してもらいたい為です。」
Q「ホームステイ先でトラブルとかあった場合は?」
A「もちろんトラブルの大小に関わらず、当社現地日本人スタッフにご相談頂けますのでご安心ください。」

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ゼロホリ ~渡航時期~

渡航時期を決めるポイントは、「あまり深く考えすぎないこと」です。これから出発する場合、会社退職後、学校卒業(または休学)後に出発する方がほとんどですから、 準備期間として 1 週間~1 ヶ月の間に渡航日を設定するのが望ましいでしょう。 準備といっても、実際は荷造りや何を持っていくかを考えることがメインですから、1 ヶ月以上も時間を費やす必要はありません。ある程度アバウトでも、自分は準備に時間を費やす方なのかどうかを見極める程度で大丈夫です。
<避けた方が良い渡航時期>
* 学校の休校日が多く、せわしい時期のクリスマスや年末年始(12月中旬~下旬) * 繁忙期で航空券が高い時期(年末年始・GW・お盆休み)

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

徹底比較 ~ ゼロホリ 対 他社 ~

大手留学会社 VS ゼロホリ

中堅留学会社 ゼロホリ
ワーホリサポート費 学校は指定校選択 89,800 円 学校は現地で手配 0円
空港出迎え費 到着時 別途 到着時 0円
海外保険代金 タイプ等による タイプ等による
差額 89,800 円+空港出迎え費分!!

大手に比べて料金は変わりますが 89,000 円と聞いていかがでしょうか?これとは別に空港の出迎え&送迎費がかかります(15,000 円~20,000 円程度)。このくらいの料金で行なっているサポートの多くは現地で学校を探すというサービスは 含まれていないことが一般的です。その為、語学学校に行きたい人は日本出発前に決めて手配をしてきます。中堅会社 の場合、学校手配に際し手配料や手続き費用がかかる場合があります。一方、ゼロホリの場合、学校は現地で決めることをオススメし、かつ現地で手続きする場合の費用はもちろん学費の実費のみです。

現地留学会社 VS ゼロホリ

現地留学会社 ゼロホリ
ワーホリサポート費 学校は事前手配 0 円~70,000 円 学校は現地で手配 0円
空港出迎え費 到着時 別途 到着時 0円
海外保険代金 扱ってない タイプ等による
差額 0 円~70,000 円+空港出迎え費分!!

現地留学会社の多くは元々学校手配を無料で行っていますから、その点はゼロホリも同様です。サポート費は様々で学校を日本出発前から依頼した場合は 0 円だったり、有料のケースもあります。問題は、学費やその他費用を信用して海 外送金できるかどうかではないでしょうか。日本であれば例え遠方にある会社でも所在を確かめる方法はありますが、海外になるとそう簡単ではありません。ゼロホリは日本にある会社ですから安心と言えるでしょう。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

“今”決めること と “1ヶ月後”に決めること

ゼロホリは、「渡航先」と「渡航時期」を決めるだけ!
多くの留学会社の場合…
渡航先?語学学校?コース?コース期間? 渡航時期?滞在タイプ? 滞在期間?空港出迎え有無?
…こんなにたくさん今決めるの…
ゼロホリの場合…
渡航先?渡航時期?…決めるの簡単!!


決めるの簡単!だから早めに決めちゃうのがゼロホリ流!
今決めても、1 ヶ月後に決めても結論は変わらない。それなら早く決めてワーホリ準備を始めよう!


<意識を変える>
渡航日が決まると「ワーホリする」という意識が芽生えるもの。出発までにお金を貯めたり、仕事先に辞める旨を伝えたり、出発に際し前向きな準備ができるようになる。


日本での準備1 ⇒ 英語準備
ワーホリのプランを考えている間は、英語学習をしていてもなかなか身につかないもの。出発す ることが確定すれば、それまでに何をしなければいけないか明確化されるので英語学習も身につきやすい。


日本での準備2 ⇒ 日本のことについて知る・学ぶ
日本のこと、自分のことは海外にいると良く聞かれる話題。今のうちにしっかり準備しておくことが大切!海外生活をした人からよく聞く後悔は、日本のことについて、自分や家族など身近なことについて答えられなかった…という意見。そのような思いをしないよう日本にいるうち準備。


渡航日を事前に決めた人も、自己都合で渡航日を変えたい人も…
渡航予定日の 3 ヶ月前なら渡航日変更「無料」!*1 回限り

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ

ワーホリアンケート

じゅんさんより「ワーホリ体験アンケート」を頂きました!
■渡航時期
2011.7.17〜
■渡航国/都市
オーストラリア/ゴールドコースト
■日本で準備した予算
100 万くらい
■ゼロホリを選んだ理由
説明会で話が分かりやすく、無駄なお金を取られないこと。木村さんの人柄の良さ♪
■ワーホリして良かったこと
視野が広がる、自立できる。(まだ来て1週間なのであまりわかりません)
■現地スタッフやオフィスについて
スタッフの方は予想以上に親切でいいです!!オフィスもいつでも行けるし、困ったことがあればすぐに連絡できるし。現地に来てからも心配はいらいないです★
■ホームステイやファミリーについて
何度も日本人を受け入れている家族で、とてもフレンドリーです。日本食を作りたいと言われ、巻き寿司とか作り方の英語バージョンを持ってきてあげればよかったと思いました。あと、私は自分の生い立 ちの写真をアルバムにして説明も英語で書いて持っていきました。それはすごく喜ばれました。
■これからワーホリする人へアドバイス
お金はあるにこしたことないです。英語は本当になんでもいいから少しずつ勉強したり、英語に触れるようにしておいた方がいいです。私は適当にゴールドコーストにしましたが、行く国、都市はそれぞれ特徴がありやりたいことも異なるのでよく調べてから決めればよかったと来てから思いました。私はネットやmixiなどでワーホリの疑問を解決しましたが、ゼロホリをもっと活用して質問してもいいと思いました。


じゅんさんより「ワーホリ体験アンケート」を頂きました!
■渡航時期
2011.4.10〜
■渡航国/都市 カナダ/バンクーバー
■日本で準備した予算
120 万
■ゼロホリを選んだ理由
セミナーが丁寧、手数料がかからない
■ワーホリして良かったこと
自由
■現地スタッフやオフィスについて
親切
■ホームステイやファミリーについて
当たり外れがあると思う。私はとてもいい所です!!
■これからワーホリする人へアドバイス
学校は現地で決めた方がいいのと、1つの所に⻑く行くより途中で変えるのがおすすめです。こちらですべて物は買えるけど、例えばバンクーバーは物価がすごく高いので、コスト抑えたい人は持っていけるだけ荷物を詰めてきたほうがいいです。
自分で頑張らないと何も得るものは少ないと思います。
貪欲に!!w

【ワーホリをお考えの皆さんへ】

ただの「旅行」と違い、海外で学んだり経験を積む「海外生活」は、当然お金も時間もかかります。しかし海外であなたが得られるものは、旅行の何百倍も素晴らしく意味のあるものです。年にたくさんの方々の留学やワーホリをお手伝いし、帰国された方々から体験談や感想を頂くたびに、私たちも日々改めて留学・ワーホリの素晴らしさを感じています。
日本にいたら学べなかったこと、知り合えなかっただろう人々、現地でしか体験出来ない感動。 帰国後、あなたは海外での就学や経験・出会いを通して、ご自身の成長を実感することでしょう。ぜひ、あなたの可能性にチャレンジする為に、ワーホリを実現して頂きたいと思います。
私たちが、この留学業界に身を置いているのには理由があります。「一人でも多くの方にワーホリを実現して頂けるよう、チャンスを手にして頂けるようお手伝いしたい」
一度きりの人生です、「ワーホリしたい!」「海外で生活してみたい!」と思われたその気持ちをぜひ実現して頂きたいです。そして、そのお手伝いを私達にご依頼頂ければ幸いです。

資料をダウンロード
ゼロホリ・イギリスサポート内容 英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表 ページトップへ