セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  ★英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表★

★英語圏主要4カ国ワーキングホリデー制度早わかり表★

2012.06.26

国旗
国名 オーストラリア ニュージーランド カナダ イギリス
ビザ発給数 8,605(2009年実績) 1,610(2009年実績) 6,500(2011年度定員枠) 1,083(2009年実績)
※通常は1,000まで
受付開始日 通年 通年 通常12月ごろに募集開始(年により若干前後する) 通常1月1日から募集開始
年齢制限 申請日に18歳以上で31歳になっていないこと 日本国籍を持つ18歳から 31歳未満の人(31歳の誕生日前日までに申請を済ませておくこと) 日本国籍を持ち、申請書受理時点で18歳以上30歳以下の人(出発日の時点での年齢ではありません) 日本国籍を持ち、18歳~30歳であること(ビザ申請受付時が30歳であれば、31歳での入国が可能)
滞在可能期間 最高12カ月間まで(ただし、1回目のワーホリ期間中にオーストラリア国内で3カ月以上季節労働(農業、林業や漁業など)に従事した人であれば、セカンドワーホリとして滞在期間をさらに12カ月間プラスした2年間まで延長することができる) 初入国日から12カ月間(ビザ発給から12カ月以内に渡航すること) ※1回目のワーホリ期間中に3カ月間農業に従事した場合、さらに3カ月間延長が可能 初入国日から12カ月間(許可通知書の発行日から1年以内に渡航すること) 最長2年間の滞在が可能
就労 同一雇用主のもとで最大6カ月間まで可就労が可能 制限なし 制限なし(ただし、事前にカナダで仕事が内定していないこと) フルタイムの就労が可能(自営業(特定の場合は可)、プロスポーツに関わる仕事、研修医として働くことを除く)
就学 最長4カ月までの就学またはトレーニングが可能 最長6カ月までの就学が可能 最長6カ月間までの就学が可能 可能(一部の学校を除く)
ビザ申請方法 インターネット申請(e-Visa):DIAC事務所ウェブサイト上のフォーマットに必要事項を入力してオンライン申請 インターネット申請(e-Visa):ニュージーランド移民局ウェブサイト上のフォーマットに必要事項を入力してオンライン申請 郵送による申請:ビザ申請受付開始後、発給数上限に達するまで随時受け付け(申請書、写真、パスポートコピーなどが必要) UK Border Agencyホームページより申請必要書類をダウンロードし、提出書類が全て揃ったら、申請者本人がUKビザ申請センターに出頭して提出(渡英日の3カ月前から申請受付)
ビザ申請料金 230AUSドル(クレジットカード払いのみ) 無料 12,300円(2011年3月現在) 17,550円(2011年3月現在)
健康診断 原則として必要ないが、必要に応じて受診しないといけない場合がある レントゲン検査が必要(指定病院、指定医師の診断が必要) 原則として必要ないが、必要に応じて受診しないといけない場合がある なし
航空券 片道航空券でも入国可能(ただし、50万円以上の資金証明を所持していることが望ましい) 片道航空券でも入国可能(ただし、50万円以上の資金証明を所持していることが望ましい) 片道航空券でも入国可能(ただし、カナダ出国に必要な旅費を持っていることを証明する書類が必要) 片道航空券でも入国可能
資金証明 原則として、5,000AUSドル以上あることが望ましい(場合により資金証明を求められることがある) 12カ月間滞在のための十分な資金を保持していること 滞在に必要な資金として、最低50万円相当額以上を保持していること 本人名義の預金口座に最低1600ポンド相当以上の日本円が入っていること

※上記リストの各情報は、2011年3月11日時点の各国大使館発表の情報であり、これらは予告なく変更されることがあります。
※最新の情報は必ず各国大使館発表の募集要項をご確認いただき、記載事項に異なる点がないかどうか照合してください。
※上記情報により生じたいかなる問題(ビザが取得できなかったなど)に対しては、弊社は一切の責任を負いません。

ゼロホリ! ゼロホリ・イギリスサポート内容