セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  セブ島での半年間の留学、1年間の留学は長すぎるか?いや、長くはない!

セブ島での半年間の留学、1年間の留学は長すぎるか?いや、長くはない!

2017.04.24

preparation_12_01

これは大学を休学して留学を希望される学生に多いお問い合わせの1つです。フィリピンでの留学には面白い通説があります。それは何かといえばフィリピンで学ぶ期間は3ケ月間で十分であるという内容です。全くと言っていいほど根拠のない通説です。6ケ月間、1年間でもフィリピンの留学は問題がないという事をまとめてみます。

1.そもそもにフィリピンで3ケ月間学ぶので十分という通説は間違いである

フィリピン留学での受講期間3ケ月説は間違いです。絶対に信用をしてはいけません。そもそもこの3ケ月説を作ったのはお隣の国、韓国です。そして、その韓国人の多くはフィリピン留学後にほぼ全ての方が先進国などへさらに留学へ行かれます。つまりは長期留学になります。
長期留学という事で考えれば、フィリピンで3ケ月間というのは別に悪くないと思います。

しかし、日本人の場合は異なります。日本人のフィリピンへ留学をしに来られる留学生の多くは先進国根の留学へも行きませんし、そのまま帰国をされるケースの留学生が大半です。

そう、韓国とは全く受講期間が異なる訳です。それなのにフィリピンでは3ケ月間で十分だという箇所のみを信用してしまうのは、正直、どうなのかな??と思います。そもそもに考えてみましょう。
語学を取得するのに3ケ月間で十分だと思いますか?

もし、3ケ月間で十分であるという場合には、相当数の日本人がすでに英語を普通に話すことができるようになっています。

しかし現実は異なります。恐らく3ケ月間という期間では、英語をぺらぺらに話すことは当然無理ですし、日常会話に問題がない程度に達するのみ難しいのが現状です。つまりは、英語環境の仕事を探すのも正直、難しいレベルで終了になるでしょう。

基礎力をつけることができたという程度であると考えて頂いた方が良いと思います。しかし、韓国人はその後の先進国へ行き更に勉強をします。基礎力をフィリピンで身に付けた後に先進国でさらにスキルアップを目指すことができますので、韓国人学生にとっては良いでしょう。しかし、先進国への留学へ行かない(フィリピン留学だけで終了する)日本人はどうでしょうか。

基礎力がついた程度で終わっても、あまり意味がないですよね。つまりは、3ケ月間説は全く信用に値しないという事が言えます。

2.フィリピンは長期留学にもお薦めなのか?

結論はお薦めであると言えます。特に目標をしっかりと持たれているお客様にはお薦めの場所であると思います。例えば、9ケ月間の受講を希望しているとします。どんなプランを立てることができるでしょうか?

初めの3ケ月:ESLコースを受講し基礎力を身に着ける
中間の3ケ月間:ビジネス英語コースを受講し、より実践で使える英語力(会話力)を身に着ける
最後の3ケ月間:TOEICまたはIELTSでスコアを取得する

このような9ケ月間プランであれば満足のいく留学になるのではないでしょうか?そして、満足のいく留学を成し遂げるには、やはり、これくらいの受講期間は必要になると考えるべきであると思います。

そして、ESLであれ、ビジネス英語であれ、試験対策であれば先進国で学ぶよりはフィリピンで学んだ方が効果的であると言えます。その理由は簡単で話す時間が長い、英語につかる時間が長いという事です。

言葉は、やはり、その言葉につかる時間が長いほど伸びてきます。逆に言えば、つかる時間が短いほど伸びる速度は遅くなります。
その点で考えれば、フィリピンで学んだ方が英語につかる時間が長いのは一目瞭然。

フィリピンは長期留学にも適しているという事が言えます。