セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  知らなきゃ損!マンツーマンレッスンの落とし穴をご存知ですか?

知らなきゃ損!マンツーマンレッスンの落とし穴をご存知ですか?

2017.04.08

preparation_05_01

フィリピン留学=マンツーマンレッスンと言われるように、なんといっても最大の特徴はマンツーマンでとにかく英語を思う存分話すことができるというのが特徴です。しかし、このメリットも、デメリットになる場合もあります。このデメリットもしっかりと知って頂く必要がございます。このデメリットを知らなければ、後でとんでもないことになることもあります。
誰も教えてくれないマンツーマンレッスンの真実をまとめてみます。

1.マンツーマンの良さは話せること、しかし悪い点は人前では話さないこと

マンツーマンレッスンの良さは、正直誰でも理解しやすいし、留学会社の方も説明しやすいでしょう。先生と1対1でレッスンをするので先生を自分の為に利用ができる、とにかく英語を話すことができる。そう、仰る通りです。これがマンツーマンレッスンの特徴です。

では、マンツーマンレッスンのデメリットに関して説明を受けたことありますか?あまりないのではないでしょうか?そう、実はデメリットこそ知る必要があるのです。メリットだけ知っていては比較をすることができませんし、逆にメリットのみを信用してしまい、後で何故結果が伴わないのか??と疑問にすら思うでしょう。

メリットだけでもなくデメリットも理解しましょう。つまりは、しっかりとデメリットを説明して下さる留学会社の方が信用ができるという事になります。

では、デメリットは何か?実はものすごく重要で、「人前で話すことができない」という事です。
これが最大のデメリットです。マンツーマンレッスンは先生との1対1でのレッスンです。つまりは自分以外に周りにいるのは先生のみ、そして先生は話し相手ではなく、基本的には英語を教えてくれる方という思いが強いため、先生の前ではミスを気にされる生徒様はおりません。これが実は一番の問題でもあります。

空いてが先生だからミスを気にせず話すことができる。

しかし、人前に出た場合にはどうなるか?そう、結局、ミスを気にしてしまい話すことができないうという現象が起こります。

2.グループレッスンも重要であると説明して下さる会社はどれだけあるか?

マンツーマンレッスンのデメリット理解して頂けましたでしょうか。つまりは、英語レッスンはマンツーマンだけではなく、グループレッスンも必要であり、重要でもあるという事が言えます。
その理由はもうご存知だと思います。

人前で話す訓練になるためです。そして皆さんの目的も英語を人前で話せるようになることが目的であると思います。つまりは、グループレッスンも重要であるという事が言えます。

しかし、留学会社さんがこの事実を知らないのか?又は語学学校側が知らないのか?本当にマンツーマンを多くした学校が増えています。1日8コマ、1日10コママンツーマン。正直、人前で話す訓練にならないマンツーマンばかりを取り入れて、どうしたいのか?と思うのが私の考えです。

言ってしまえば、完全にセールス。そう、販売しやすい学校つくりに専念していると言ってもいいでしょう。そして、お客様へは真実をお伝えすることなく、マンツーマンのメリットのみをお伝えし販売していく。教育という言葉がそこにはありません。

ちゃんと運営している学校は留学会社さんへも説明します。何故、マンツーマンがそれほど多くはないのか、何故グループレッスンも多く取り入れているのか。

大切ですよねーーーこのような学校は。

3.実はグループレッスンを教える先生の方が給与が高い、つまりはレベルが高い

これもあまり知られていない事実の1つです。実は質の高い先生ほどグループクラスを教えるんです。
これには驚かれますかね?マンツーマンの先生は生徒さんをハンドルする必要がありません。生徒さんに言ってしまえば合わせるだけでOKなんですよ。つまり、生徒さんを管理する能力は求められません。

しかし、グループレッスンは他にも生徒さんがいますので、色々な生徒さんの状況も把握し、授業を進めていく必要があるんです。つまりは先生にも英語を教えるスキルだけではなく、管理するスキルも求められます。

つまり、レベルの高い先生ほどグループクラスを教えるのが当たり前なんです。

マンツーマンが多い学校=先生のレベルがそれほど高くはないともいえるかもしれません。