セブ留学サポートデスクフィリピン留学・セブ留学サポートデスクは、顧客満足度No.1!セブ留学無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  お申し込み後の渡航準備について

お申し込み後の渡航準備について

1、 航空券の手配時の注意点

必ず往復航空券又はフィリピンを出国される航空券を出発前にご購入して下さい。
フィリピン入国の際には観光ビザ(ビザの申請をしない)での入国になります。その為、フィリピン入国時には必ず、フィリピンを出国するチケットを持っている必要がございます。帰国便のチケットが無い場合には、入国ができない状況になりますので、必ず往復航空券をご購入頂くようにお願いいたします。

2、 航空券の種類について

航空券は受講期間をカバーするチケットをご購入下さいませ。現地で受講期間の延長を考えていらっしゃるお客様は、現地で帰国日を変更できるOPENチケットの購入がお薦めです。格安航空券の場合、費用は安いですが、帰国便の日付を変更することができません。延長を予定されていらっしゃるお客様は、必ず帰国便の日付を変更できるチケットを旅行代理店で購入しましょう。

3、 海外留学生保険について

海外留学生保険ですが、フィリピン留学の場合は任意加入となっております。つまり、絶対に加入をしなければ授業を受講できないというルールはございません。その為、最終的にはお客様の判断にてご加入を決めて頂ければと思いますが、当然、現地で何か問題があった時には保険が役立ちますので当社としてはご加入をお薦めしております。また、クレジットカードに付帯されている保険を希望されるお客様もいらっしゃると思います。その場合には、必ず事前にカード会社へ補償内容をご確認してください。実は全く補償されていないというのでは、意味がありません。保険は現地到着後に加入することができませんので、必ず出発前に加入頂くよう、そして、補償内容をご確認いただきますようお願いいたします。

4、 両替について

両替は現地にて行いましょう。日本でもフィリピンの通貨・ペソへ両替もできると思いますが、レートが悪いという事、そして、実際にいくら両替をしたらいいのか分からないと思いますので、両替は現地到着後に行う事をお薦め致します。空港内でも両替ができますし、ショッピングモール内でも両替は可能です。

5、 携帯電話について

携帯電話ですが受講期間にも寄りますが1ヶ月間以上受講されるお客様は現地でご購入をして頂くのがお薦めです。日本の携帯電話も海外で使えるものもございますが、基本的には国際電話使用になり、通話料が非常に割高になります。受講期間が1ヶ月以内の短めのお客様は、わざわざフィリピンで携帯電話を購入する必要はないかもしれませんが、1ヶ月以上滞在される場合には、通話料を考えましても現地でご購入頂くのが理想だと思います。現地ではショッピングモール内にある携帯ショップで簡単に購入が可能です。端末(本体)も安いものですと3,000円~購入が可能です。購入に当たり日本とは異なり身分証明書なども必要ございません。

6、 お金の持って行き方について

3つの方法をお薦めしております。3つの方法を準備するのに最低でも2週間程のお時間を要しますので、お早目の準備をお願いたします。先ずは以下の3つの方法がお薦めです。

・クレジットカードを持参(VISA/Maste/JCBなど)
・日本円を現金で持参
・国際キャッシュカード(新生銀行/CITI BANK)

上の2つの方法は分かると思います。国際キャッシュカードの説明をさせて頂きます開通手続きはこうです。新生銀行がお薦めですので、新生銀行の場合で説明させて頂きますと

1、新生銀行のサイトへ飛ぶ
2、口座開設を行う
3、約10日間程でカードが届く
4、口座へお金を入金しておく
5、カードを持ってフィリピンへ飛ぶ
6、フィリピン現地にある銀行のATMへ行く
7、新生銀行のカードを入れる
8、暗証番号を押す
9、必要な金額を入力する
10、その金額が出てくる(現地の通貨にて)
11、その日のレートで換算された日本円が新生銀行の口座より引き落としになっている

という流れです。万が一盗難になっても暗証番号さえ知られなければ不正に使用されることもありませんので、お薦めです。

VISA関連について

1、 出発前にビザ申請をする必要が無い

フィリピン留学の場合、出発前にビザの申請を行う必要はございません。どの受講期間のお客様も申請する必要はございません。現地到着後に、学校内にて必要な手続きを全て行いますので、出発前にビザの申請を行う必要がございません。ただ注意点は、入国審査の書類を飛行機などでもらい記入しますが、入国目的の個所は「観光・旅行」という事を選択またはご記入くださいませ。そして航空券は、必ず往復航空券(フィリピンを出国する航空券)を持参してください。

2、 SSP(Special Study Permit)

こちらは「特別就学許可書」という書類になります。フィリピンへ勉強(就学)目的で入国をしているという事を証明する為のビザの1種になります。フィリピンで勉強をされるお客様は、このSSPを必ず取得する事が受講期間の長さに問わず必要ございます。仮に取得せず、移民局へ見つかった場合には、違法滞在とみなされ、罰金を科せられた上に、強制退去になりますので、必ず取得しましょう。取得方法は各学校内で手続きが行われます。注意点は手続きは学校のスタッフが行いますが、手続きを行う際に費用(6000ペソ・2011年現在)が生じます。日本円で約12,000円です。このSSPは学校を転校するごとに生じますし、有効期間が半年間となりますので、半年間を超えて勉強をされる方はもう一度取得する必要がございます。

3、 ACR-I card(外国人登録書)

こちらは2ヶ月間(60日)以上、滞在されるお客様の加入が必須になります。やはりお手続きはSSP同様、学校内で行われますので面倒ではございませんが、手続きの際に必要が生じます。3000ペソ(2011年現在)、日本円で約6,000円となります。やはり、2ヶ月間以上滞在されるお客様が、加入されていませんと、帰国時に罰金を科せられることもありますので、必ず2ヶ月間以上勉強をされるお客様はご加入をお願いしております。

4、 ビザ延長手続き

こちらのお手続きですが、フィリピン入国時にはビザの申請をせず入国をして頂いておりますが、この場合、合法的に滞在ができる期間が21日(3週間)までとなります。22日移行滞在される場合には、やはり学校内にてビザの延長手続きを取らなければなりません。こちらのお手続きもSSPやACR-I Cardと同じように学校内で行われますので面倒ではありませんが、手続きを行う際に費用が生じます。ビザ延長費用は各学校に寄り若干、手数料の違いから事なっておりますが、目安の延長料金は以下のようになります。

2ヶ月間までの受講の場合 約6,500円
3ヶ月間までの受講の場合 約14,000円
4ヶ月間までの受講の場合 約18,000円
5ヶ月間までの受講の場合 約21,000円
6ヶ月間までの受講の場合 約25,000円

航空券を取得される際に、旅行会社よりビザが無いと航空券の予約ができないと言われるケースもございますが、その際には、現地でビザの延長を行うため、航空券を発券して下さいとお伝えくださいませ。

もし、各お手続き等に関しましてご不明な点などがございましたら、お気軽にご相談くださいませ。そして、必ずご一読いただきまして、「知らなかった」という事が無いようにお願いいたします。