セブ留学サポートデスクセブ島留学のOZ留学サポートデスクは顧客満足度No.1!セブ島留学の無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
沖縄オフィス直通 tel.098-943-3966
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! 留学にまつわるご相談・サポート全て無料
TOP  >  フィリピン留学用語集

フィリピン留学用語集

フィリピン留学について調べていると、「あれ?これどういう意味?」と思われる言葉もあると思います。初めて聞くと思われる言葉を集めてみました。

 

・SSP:
フィリピンへ観光目的ではなく就学目的で入国しているという事をフィリピン政府へ申告する為の書類。1週間の留学でもルール上は必要。申請費用は約12,000円。学校を転校するごとに必要でもあります。

 

・ビザ延長費用:
観光ビザで入国をして頂いておりますが、観光ビザの有効期限は21日(3週間)までとなります。それ以上滞在(留学)されるお客様はビザの延長手続きを行う必要があります。延長する回数や費用は滞在(受講)日数により異なります。

 

・ACR-Iカード(外国人登録証):
8週間以上留学されるお客様が必要な書類です。私はフィリピン人ではなく外国人であるという事を証明する為の書類になります。

 

・寮保証金:
日本でいう敷金のような費用。万が一、寮で自分の責任で物を壊してしまったりした場合、この保証金より修理費用などを捻出します。ただし、寮退寮時に問題が無く退寮ができた場合には、保証金は返金されます。

 

・スパルタ(コース):
文字通りスパルタ(厳しく)学ぶコースになります。でも、スパルタコースの場合の厳しさは学ぶ時間数が長いというわけではなく、どちらかと言いますと生活のルールが厳しくなるといって良いと思います。例えば、平日は外出禁止等、学校内でこもって勉強をされるという環境が厳しいというルールがあるのがスパルタコースになります。

 

・英語寮:
寮には大きく2種類あります。通常の寮と英語寮です。どの語学学校も2つの寮タイプを持っているわけではありません。多くの語学学校は通常の寮です。では英語寮は何が違うのか。それは、寮でも英語のレッスンを受けることができるのが英語寮です。学校での授業だけではなく、寮へ戻ってからも先生と一緒に授業をされたいお客様には英語寮はお薦めです。特に短期留学(4週間以内)のお客様には集中的に学べますのでお薦めです。