セブ留学サポートデスクフィリピン留学・セブ留学サポートデスクは、顧客満足度No.1!セブ留学無料正規代理店です。

セブオフィス直通 tel.050-5532-0612
セブ島留学なら、現地に日本人スタッフがいるOZ留学サポートデスク! 学校や生活の最新情報・安心をお届けします! セブ島留学説明会開催中
TOP  >  クラーク希望者は必見!フィリピン留学、クラーク出張話

クラーク希望者は必見!フィリピン留学、クラーク出張話

2013.06.17

6月3日よりフィリピンのクラークを駆け足ではありますが出張へ行きました。

 

今回訪問をした学校が合計で4校
1. HELPクラーク校
2. Global Standard校
3. MMBS

 

訪問をした順番です。

 

結論はクラーク留学を考えている方は、かなり学校選択に注意をしなければなりません。
と言っても避ける学校さえ避ければ簡単に行くべき学校は決まるのである意味では楽です。

 

【クラーク留学でお薦めの学校】
第1位:Global Standard
第2位:HELPクラーク

 

【クラーク留学でお薦めできない学校】
MMBS

 

これは当社基準で判断しております。もちろん各留学会社により評価は異なると思いますが
当社と致しましては、このような評価をつけさせていただきました。もちろん、しっかりとした
その理由もございます。それを以下で、感想とともにご紹介していきます。

 

先ずお薦めの語学学校についてです。

 

第1位:Global Standard校
学校ページ
ここのいい点は先ず学校内に「日本人が非常に少ない」という事です。私が訪問をしたときには総生徒数が約200名、内日本人が5名という状況でした。他にも台湾、ベトナムからも若干ですが生徒が来ているという事でした。日本人スタッフ(男性)もおりますので、サポート面でも安心して頂けると思います。

 

そして「先生の質・管理がしっかりしていること」。学校内では先生はフィリピン語を話してはいけませんし、携帯電話の資料も禁止されています。もちろん欠席や遅刻についても厳しく管理されています。

 

最後に「綺麗で設備も充実」しています。スパルタで学びますので平日は外出禁止なのですが、それでも
ストレスが溜まらないように、敷地面積も広く、綺麗に緑も手入れが行き届いており、プール、ジム、ゴルフなど体を動かす設備もしっかりと整っています。また学校がある周辺は本当に綺麗で、女性一人でジョギングをしても全く問題がないほどの綺麗さです。

 

スタッフの対応もよく、安心してお客様へご紹介ができる学校だと感じました。実際に受講生の方にもインタビューを何件かさせて頂きましたが、皆さん、先生の質、環境に満足をされていらっしゃいました。やはり実際に受講されているお客様の体験談もいいという事で、より納得することができました。

 
 
 
 
 
 
 
 

第2位:HELP クラーク校
学校ページ
ここのいい点も「日本人が比較的少ない」という事があります。私が訪問したときの総生徒数が約120名ほど、日本人が約35名ほど(約30%)でした。日本人比率が30%以下を維持しているようであれば、問題がないといえます。

 

そして「先生の質が高く・日本人スタッフのサポートがしっかりしている」というのもポイントです。こちらも実際に受講生の方へインタビューを行いましたが、皆さん、声を揃え「先生には満足しているし、スタッフの対応にも満足」しているという事をおっしゃっていました。そして学校のスタッフも正直で、ネイティブ講師の質は高くはないと思いますがフィリピン人先生の質は高いと思いますという正直な評価もして頂きました。ネイティブ講師が低評価の理由は、これはどの学校にも言えるのですが、特にクラークにある学校はネイティブ講師が多いですが、皆さん、クラークにある語学学校を転々とされている方が多く、結構、すぐに辞められるという事、そして、ネイティブ講師は基礎的な英語を教えるのが実は非常に苦手であるという事です。ですから、ネイティブ講師の授業ではなく、逆にフィリピン人講師の授業を受講された方が満足度は高いといえます。

 

設備もプール・ゴルフの練習場所がありますので充実しているといえます。このまま日本人比率が30%程度を維持し続けることができれば、クラークではお薦めできる学校に入ります。

 
 
 
 
 
 
 
 

逆にお薦めができない学校に関してです。

 

1、MMBS校:
学校ページ
ここの学校は、校舎は広く、設備もプールやゴルフの練習場があり良い面はあります。しかし、先ずクラークエリアから車で約1時間半ほど離れた場所にあり、そして学校周辺には息抜きができる場所がほぼ皆無に等しいという点で、外で英語を話す機会が非常に少なくなるという事、更に日本人比率が約70%を超えていますので、学校内を歩いていても普通に日本語が飛び交っています。時間がなく受講生の方にはお話を聞く機会がございませんでしたが、セブにいる学生にお話を聞くと皆さん悩んでいる方は、この「日本語を話す」という事で悩んでいますので、私としては、英語を学ぶ環境で考えた場合には、正直、お薦めできないと感じました。セブにいる学生の皆さんは、授業以外の時間も英語を使って会話をしたい、なので日本人が少ない学校を選びたいという方が非常に多い(当社のお客様は)のですが、MMBS校の環境はこの日本人が少ないという事に対しては真逆に日本人が多くなっています。

 

この理由により当社としては日本人が少なくなるまではお薦めの学校という形でご紹介をするのは難しいと考えています。そして私を対応してくださった学校のスタッフさんの対応も決していいとは言えませんでした。当然、生徒様には同じような態度はとられていないと思いますが、非常に私は寂しさを感じましたね。

 
 
 
 
 
 
 
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

上記が私が各学校を訪問をした感じた感想です。本当に見事にお薦めできる学校・お薦めできない学校とが
二分されていました。その為、ある意味では学校の選択も非常に簡単ですね。

 

私がセブ島にいて、多くのお客様とお会いし、お話をしていますが、そこで英語力を伸ばすためのポイントという形で
必ず出てくるお客様が言ってくるキーワードが「日本人」「日本語」です。

 

・日本人と一緒に居る時間が長いと日本語で話すので英語が伸びない。
・今まで一緒に居たので、これから日本人と一緒に居なくなるのも友達が減りそうで怖い。
・学校でも日本語でのみはなしをしていたので今更英語で話せない。

 

おおよそ、このような悩みを持たれています。結果、お客様によっては転校を考えられたりしますね。

 

安くはない留学費用が生じますので、必ず学校を選択する際には
・日本人が少ない学校
・先生の質が高い学校
・外でも英語を話すことができる環境にある学校

 

この3つのポイントに注意を払いながら決めていきましょう!先ずは、お問い合わせください!

 

的確なアドバイスをさせて頂きます。学校選びに時間をかける必要はありませんし、掛りません!!
もし、今、学校選択で悩んでいらっしゃるのであれば、確実にポイントがずれていると思います。

 

悩まず、先ずは無料相談を!!!

 

【ふと私が疑問に感じた事を学生へ聞いてみた】

 

クラーク訪問で、元々当社としてはクラークエリア自体を強くはお薦めしておりませんでした。
理由は上述の通り、多くの語学学校で日本人が多く、学べる環境であるとは言えないためです。
必ず、現地に私のオフィスがあり、私が常時いるような状況であれば、お客様から日本人が多すぎで勉強ができない、
どんな学校を紹介しているんだ!というクレームが届くのを容易に想像できるためです。だって、
今セブにいますが多くのお客様の声が、日本人が多いのは嫌だという声が非常に多いですし、
それが英語力を伸ばす妨げになっているのだと私は簡単に想像ができるためです。

 

ある留学会社の説明会へ行ったら
「セブは遊んでしまう」「マニラは危険」「一番いいのはマニラから車で2時間ほど離れた場所が良い」
という事で真面目に勉強をするならクラークだという説明を受けて、それを信じてしまったという事でした。

 

可哀想に・・・・そして、セブ島にいる生徒をバカにしてるんだな・・・
という複雑な思いも感じましたね。

 

だって、セブ島にいる学生、少なくても当社のお客様は真面目です。
学校の中で日本人へも英語でしか話さない生徒もいます。
皆さん、日本人が少ない環境を選び、授業以外の時間を英語で話すように努力もされています。

 

IELTSのスコアも取って、大学院への進学のために頑張っている生徒もいます。
少なくても当社のセブにいるお客様をバカにしないでほしいと思いましたね。
どの留学会社かは分かりませんが、嘘はよくないです。

 

実際に、そのような説明を受けてクラークへ行かれた方が、
日本人だらけで全く勉強ができないという事を言っています。
そして皆さん、日本語で話をして、学校内では日本語がバンバン飛び交っています。

 

これが真面目に勉強できる環境なのでしょうか?すごく疑問に感じてしまいました。

 

お客様とお話ができてよかったのですが、改めて学校をお薦めする際の説明は大切だと感じました。
特にお客様からの声を大切にする当社では、これからも、どんどんお客様からの生の声、
そして重要なポイントを皆様へ伝えていきたいと思います。

 

時間とお金を無駄にしないためにも、そして成果を受け取ってほしいから。